U18日本代表が立大に快勝 1番・浅野翔吾の二塁打から初回に一挙5点先制

1回無死、立大との練習試合に「1番・右翼手」で先発出場した高松商の浅野翔吾は初球をたたいて右中間への二塁打を放つ(カメラ・泉 貫太)
1回無死、立大との練習試合に「1番・右翼手」で先発出場した高松商の浅野翔吾は初球をたたいて右中間への二塁打を放つ(カメラ・泉 貫太)

 第30回U18W杯(9月9~18日・米フロリダ)で初優勝を目指す高校日本代表(全員3年)が30日、初陣となった練習試合で下級生中心の立大に5―1で快勝した。初回に1番の高松商・浅野翔吾外野手が右中間を破る二塁打で出塁し、その後に打線がつながって一挙5点を先制。投手陣も先発の興南・生盛亜勇太投手、大阪桐蔭・川原嗣貴投手、最後は九州国際大付・野田海人捕手が好投した。

 この日の浅野は3打数1安打2三振。バックネット裏から熱視線を送った巨人・岸スカウトは「『すごい』の一言ですね。1打席目の初球から打つ準備をしている。木製バットにも全く問題なく対応できている」と絶賛。ヤクルト・橿渕スカウトデスクも「打ち方がいいから金属バットでも木のバットでも変わらない。高校生ではトップレベルだと思います」と目を細めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×