【阪神】西勇輝が海外FA権取得「これまでがんばってきた積み重ね。シーズン終わるまで自分のやることをやるだけ」

スポーツ報知
キャッチボールを行う西勇輝(カメラ・石田 順平)

 阪神の西勇輝投手が29日、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。

 オリックス時代の18年に初めて国内FA権を取得し、翌年に阪神へ移籍。出場選手登録が4年に達し、今回海外FA権を手にした。この日、甲子園での投手指名練習に参加。キャッチボールやノックなどで汗を流した。右腕は「大きな怪我なくこれて、また(FA権を)取れるとは思っていなかった。これまでがんばってきた積み重ねで取れた。この世界で自分たちが長くやってきことで誇れることが、登録日数。2回目というのは、長くやってきた証しだとも感じます」と喜び、「でも今はとにかく、シーズン終わるまで自分のやることをやるだけです」と意気込んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×