【巨人】亀田啓太、保科広一の本塁打などで3軍はBC群馬に7―4で勝利

スポーツ報知
亀田啓太(カメラ・中島 傑)

◆BCリーグ交流戦 BC群馬4―7巨人(城南球場)

 巨人の3軍はBC群馬戦に臨み、7―4で勝利した。

 先発の山崎友は1、2回をともに3者凡退。しかし、3回に2番手・阿部が2死満塁から押し出しの四球で1点を失った。

 4回は3番手・富田が無失点に抑えたが、5回から登板した4番手・ダニエルが6回に連打を浴び、1失点。7回にも5番手・山田が犠飛で1点を失った。

 その後は8回を6番手・堀岡が安打を許しながらも3者連続三振を奪い、無失点。9回を7番手・太田が1安打無失点に抑えた。

 打線は、2回に保科、ティマの安打で1死一、三塁からこの日、猛打賞の活躍を見せた亀田が左翼への3ランを放った。

 3回にも鈴木大が左翼への安打で出塁。1死二塁から岡本大が左翼への適時二塁打を放ち、追加点。4回にも1死二、三塁から黒田が中堅へ適時打を放った。

 さらに、5回には1死から保科が右翼へソロを放ち、安打や四球で2死満塁から押し出しの四球。計7得点を挙げて、勝利した。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請