箱根駅伝連覇を狙う青学大 実業団、高校とガチンコ勝負…奥球磨駅伝に参戦、宮坂大器主将らが出場

スポーツ報知
学大の宮坂大器主将らが奥球磨駅伝に参戦(カメラ・竹内 達朗)

 今年の第98回箱根駅伝で2年ぶり6度目の優勝を果たした青学大が、大学チームのほか実業団、高校、クラブチームも出場する奥球磨駅伝(9月25日、熊本・多良木町役場発着)に参戦することが27日、分かった。

 20年に第1回大会が行われる予定だった奥球磨駅伝はコロナ禍などの影響で2度、中止され、今年が第1回大会となる。注目は画期的な競技方法だ。高校、大学、実業団(クラブ含む)の男子チームがカテゴリーの枠を越えて、同時スタートで42・195キロを走る。高校は全国高校駅伝とほぼ同じで1区10キロ、2区3キロ、3区8・25キロ、4区7・9キロ、5区3キロ、6区5キロ、7区5・045キロ。大学・実業団は1区10キロ、2区11・25キロ(高校の2区と3区)、3区10・9キロ(高校の4区と5区)、4区10・045キロ(高校の6区と7区)。成績・表彰は高校と大学・実業団の2部門に分かれるが、一斉スタートのガチンコ勝負となる。

 青学大の原晋監督は「高校、大学、実業団、クラブの真剣勝負は面白い。高校生は1区が同じ10キロなので、出遅れることが予想されるけど、3キロの2区のスピード区間で挽回して、接戦に持ち込んでほしい。お互いに良い刺激になるでしょう」と話す。

 学生3大駅伝開幕戦の出雲駅伝(10月10日、島根・出雲市)の2週間前に行われる奥球磨駅伝。青学大は主力選手の出場を見送り、今季の飛躍が期待される選手で2チームを編成する。「出場する以上、優勝を目指します。3大駅伝に向けてチームに勢いをつけたい」と原監督は言葉に力を込めて話す。

 青学大Aは学生3大駅伝未経験の「4年生チーム」。宮坂大器主将、関口雄大、脇田幸太朗、大沢佑介がタスキをつなぐ(区間配置は未定)。ラストシーズンにかける最上級生の意地と底力が期待される。

 青学大Bは「九州チーム」。宮崎・小林高出身の畦地貴斗(4年)、鹿児島・樟南高出身の山内健登(3年)、鹿児島城西高出身の野村昭夢(2年)、福岡・大牟田高出身の荒巻朋熈(1年)が地元の九州で快走を期す。

 原監督は「奥球磨駅伝を走る選手は日程的に出雲駅伝に出場することは難しいが、奥球磨で駅伝に強い走りを証明すれば、全日本大学駅伝(11月6日、名古屋市熱田神宮~三重・伊勢神宮)、箱根駅伝(来年1月2、3日、東京・千代田区大手町~神奈川・箱根町芦ノ湖往復)につながる」と期待を寄せる。

 現在、青学大は岐阜県の御岳高原と乗鞍高原で2チームに分かれて合宿中。選手層の厚い青学大で学生3大駅伝のメンバーに入ることはハードルが高い。今季、故障に苦しみ、夏からようやく練習を再開した宮坂主将をはじめ出場選手にとって、奥球磨駅伝はチーム内の生き残りをかけた重要なレースになる。

 また、原監督が代表理事を務めるアスリートキャリアセンターのクラブチーム「絆ランニングクラブ」も参戦する。今年の箱根駅伝2位の順大、九州の強豪実業団、強豪高校も出場予定。駅伝シーズン到来を告げる熱戦となりそうだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×