【西武】栗山巧が決勝の左犠飛

スポーツ報知
延長10回1死三塁、代打・栗山巧は勝ち越しとなる左犠飛を放つ(カメラ・義村 治子)

◆パ・リーグ オリックス2―3西武(26日・京セラD)

 西武・栗山巧外野手が決勝の犠飛を放った。2―2の10回。先頭の愛斗が左中間へ二塁打放って出塁すると、続く柘植の送りバントで三塁へ。若林の代打で登場した栗山が左犠飛を放つと、愛斗がヘッドスライディングで生還。勝ち越し点を挙げた。「柘植がナイスバントでしたし、何より愛斗ナイスラン! とにかくランナをかえすことに集中していました」と振り返った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×