ナガセ、圧巻の5回コールドで快勝発進!…第30回東大阪市長旗争奪野球大会

スポーツ報知
8点を奪う猛攻で初戦突破したナガセナイン

◆第30回東大阪市長旗争奪野球大会 ◇中学生ジュニアの部▽1回戦 ナガセボーイズ8―0大阪泉南ボーイズ=5回コールド=(20日・花園セントラルスタジアム)

 「第30回東大阪市長旗争奪野球大会」は小学生の部、中学生ジュニアの部が行われ、中学生ジュニアの部はホストチームの一角、ナガセボーイズが5回コールドで快勝発進を飾った。

 元気なナインの掛け声が、勝利の女神を呼び込んだ。開会式直後の初戦で、ナガセが圧巻の5回コールド勝ち。この日チームを引っ張った小杉は「全員元気を出して1点ずつ取りにいこうと言って、それが結果につながった」と笑顔で振り返った。

 2回に先頭・小柳が四球で出塁し、すかさず二盗。バッテリーを揺さぶると、1死後、相手投手が制球を乱すなか、3連続押し出し四死球と小杉の中犠飛などで一挙5得点。3回にも森山、山北の連打を足がかりに3点を追加した。

 投げては、先発・笈口が力投した。初回に味方の失策で1死三塁のピンチを背負ったが、後続を断ち切り「四球が多かったけど、守備の人にも助けられて良かった」と3回を無安打無失点。練習では「(ホームベースの)角を狙えるように」と制球力を磨き、チームも小柳、島田とつないで、1安打完封リレーで締めくくった。

 目指す頂点に向け、小杉は「新チームが始まったばかりなので団結力をもっと高めて、全員が一人一人自分の仕事をして、全員がキャプテンの気持ちでやっていきたい」と気を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×