【星一筆】やらかした後が大切

スポーツ報知
5回1死一、三塁、戸郷翔征のスクイズで生還するポランコ(カメラ・関口 俊明)

◆JERAセ・リーグ 巨人2―1中日(25日・東京ドーム)

 せっかくヤクルトが負けたのに、ベイに勝っちゃダメだろ阪神。3タテ食ったら巨人に3連勝した意味がないって? そりゃまぁ、そうだけど…。

 いったん小休止も、絶賛快進撃中のDeNA。先日、ハマスタで取材した試合で、BクラスからV字回復に成功した理由を聞かれた三浦監督の言葉が耳に残っている。

 「もう1点を防ぐこと」

 就任1年目は最下位。2年目も思うように白星を手にできない状況で、番長は選手に「完璧」を求めることをやめたらしい。「もちろんゼロでいければ苦労しない。打たれてショックでも、その後をどうするか。1点を取られても、サヨナラ以外はゲームセットじゃないんだから」と説くことで、失点で落ち込んだりパニックになりがちな若き投手陣の意識を変え、接戦を勝ち抜く粘り強さを引き出した。

 野村語録にもあるように「野球は失敗のスポーツ」。大切なのは失敗の後だ。立ち上がりから6連続Kと完璧だった戸郷。でも、永遠に三振を取り続けるなんてもちろん無理。3回に捕れそうなゴロを安打にして、さらに自身の悪送球で無死満塁の大ピンチを招いた。ありがちな自滅パターン。ビッグイニングまで覚悟したけど、さすがはチームの勝ち頭。バタバタせずに乗りきった。

 5回にはポランコのノンキな打球処理をきっかけに1死三塁と追い込まれると、今度は自身の野選で同点に追いつかれた。これまた緊張の糸が切れそうな局面。でもゲッツーで脱出した。まさに「もう1点」を防いだ粘りが、その裏に自らスクイズで奪った決勝点につながった。

 「失敗の後」といえばポランコさんも。決勝点をお膳立てする二塁打に、戸郷のスクイズでは超絶スタートに猛スライディング。できれば守備でもあれくらいキレキレの動きをお願いしたいものです。

 負けたら0・5差に迫られていたビリ攻防戦第3ラウンド。何とか振り切って、とりあえず下ばかり見て戦う必要はなくなったかな。週末はベイとツバメの直接対決を見上げながら、当面のライバル広島との3連戦。もちろん、その上のトラも捕まえたい。寂しいなんて言わないで。白熱の“3位リーグ”を楽しみましょう。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請