【ロッテ】ファインプレー後担架で退場の福田秀平は「左肩関節前方脱臼」と診断

スポーツ報知
7回無死一塁、森友哉の打球を捕球した右翼手・福田秀平がフェンスに激突、高部瑛斗が救護を呼ぶ

 ロッテは25日、福田秀平外野手が浦安市内の病院で診察を受け「左肩関節前方脱臼」と診断されたと発表した。

 福田秀は24日、昇格即スタメン起用された西武戦(ZOZO)の7回無死一塁の守備で、右飛捕球の際にフェンスに激突。担架で運ばれそのまま途中交代した。

 同点の場面で、上半身を強打しながら森のライナー性の打球を好捕。2人を中継し一塁走者の二塁タッチアップも阻止。その裏、井上の勝ち越し2点二塁打が生まれていた。井口監督が「あのプレーが一番ゲームを左右した。上がってきたばかりの秀平が見せてくれて、チームもまた生き返ったというところ」と、たたえたプレーだった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×