ディープボンド、凱旋門賞へ向け川田将雅騎手と初コンタクト「このまま無事に」

川田と坂路でコンタクトしたディープボンド
川田と坂路でコンタクトしたディープボンド

 昨年に続いて凱旋門賞・仏G1(10月2日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)に挑戦するディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キズナ)が25日、新コンビの川田将雅騎手を背に帰厩後の初時計をマークした。

 栗東・坂路を単走。馬なりで56秒6―12秒6とシャープな動きを披露した。見届けた大久保調教師は「放牧帰り1本目なので軽くです」と狙いを説明し、鞍上は「このまま無事に日本を出国できるよう準備できたらと思います」と気を引き締めた。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×