関西女子選抜、ライバルの中日本選抜を撃破!…日本生命カップ第22回鶴岡一人記念大会

スポーツ報知
決勝で中日本女子選抜を下し、優勝した関西女子選抜ナイン

◆日本生命カップ第22回鶴岡一人記念大会 ◇中学生女子の部▽決勝トーナメント・決勝 関西女子選抜6―2中日本女子選抜(20日・ミツトヨスポ-ツパーク郷原)

 「日本生命カップ 第22回ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会」が行われ、中学生の部・小学生の部・中学女子の部で関西選抜が優勝し、3冠に輝いた。新型コロナウイルス感染防止のため、3年ぶりの開催となったが、ボーイズリーグ発展に大きく貢献した連盟元会長・鶴岡一人氏の故郷、広島・呉市で選手たちが躍動した。

 あっという間に、最高の笑顔がマウンドに集まった。関西女子選抜が強敵を打ち破って優勝を勝ち取った。「自分たちの野球をしよう、と話していました。みんながそれぞれの役割を果たせたと思います」。新谷主将(大阪柴島)が、チームのまとまりを強調した。

 初日の予選2試合では順当に勝利を重ねた。直前の全国中学生女子選手権を制した中日本女子選抜が相手となった2日目の決勝。2回に相手の失策で先取点を奪うと、2死二塁から1番・松元(紀州)が一、二塁間を破る安打を放った。「とりあえずランナーをかえそうと思って打ちました。少しでも点差を開けておかないと、と思って走りました」。相手のミスで一気に本塁まで駆け抜けた。さらに4番・新谷の左中間への適時二塁打で一気に4点を挙げ、ペースを握った。

 投げても、先発・藤濱(湖北)が「いいピッチングができました。こっちに来て調子は良かったんです。全部、関西が優勝できるなんて、すごいです」と3回1失点の好投。大会優秀選手にも選ばれた。「監督冥利(みようり)に尽きるチームでした」と振り返った岡崎監督。チームのまとまりが最高の結果をもたらした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×