【阪神】代打・ロドリゲスは間違い 訂正のロハスが満塁で三ゴロ

スポーツ報知
4回2死満塁、代打・ロハス(右)を告げるも場内アナウンスではロドリゲスとアナウンスされ、審判に訂正を求める矢野燿大監督(カメラ・石田 順平)

◆JERAセ・リーグ 阪神―DeNA(23日・京セラドーム大阪)

 阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手が4回2死満塁で代打で登場し、三ゴロに倒れた。

 当初、場内には放送、スコアボード表示ともに「代打・ロドリゲス」が告げられた。矢野監督はロハスを送ったが、伝達ミスがあったとみられる。ベンチからはロハスが出てきており、苦笑いの指揮官が再び審判の元へ向かった。訂正されて打席に立った助っ人だったが、好機で快音は生まれなかった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×