【甲子園】仙台育英・岩崎生弥が満塁弾 決勝で待望の同校今大会初アーチ

スポーツ報知
7回1死満塁、仙台育英・岩崎生弥は左越えへ満塁本塁打を放ちガッツポーズ(カメラ・岩田 大補)

◆第104回全国高校野球選手権大会最終日 ▽決勝 下関国際―仙台育英(22日・甲子園)

 東北勢悲願の初優勝を狙う仙台育英(宮城)は7回、5番・岩崎生弥(3年)の満塁本塁打が飛び出すなど、この回一挙5点を奪った。

 2点リードの7回。先頭の尾形が死球で出塁すると、続く橋本がライトへ適時三塁打を放って1点を追加した。

 なおも1死満塁から5番・岩崎が3ボール1ストライクからの5球目、140キロ直球を完璧にとらえて左翼席へグランドスラムをたたき込んだ。

 仙台育英は準決勝まで本塁打なしだったが、決勝戦で待望の初アーチ。決勝での満塁弾は08年大阪桐蔭・奥村翔馬以来となった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×