杉本昌隆八段、弟子の藤井聡太五冠に「飲めるけど飲まないってタイプになって」、「ABEMA師弟トーナメント」に初出場

スポーツ報知
ABEMA師弟トーナメントに参戦する杉本昌隆八段

 インターネット配信大手「ABEMA」で配信される非公式戦「ABEMA師弟トーナメント」の第2回開催が19日発表され、収録が都内で行われた。藤井聡太五冠とともに初参戦する杉本昌隆八段が囲み取材に答えた。

 第1回で参加の谷川浩司十七世名人、深浦康市九段、鈴木大介九段、木村一基九段、中田功八段、畠山鎮八段に加え、今回新たに杉本、豊川孝弘七段を迎えた師匠8人が弟子とタッグを組み、トーナメントで頂点を目指す。

 主な一問一答は、以下の通り。

 ―大会への気持ちは。

 「エキシビションでは一度やらせていただきましたが、藤井竜王がスケジュールが非常にタイトということで、トーナメントに参加するのは難しいと思っていたが、実現してうれしく思っています」

 ―戦いに臨むにあたっての意気込みを。

 「杉本一門の強さを。藤井竜王にはのびのびと力を発揮していただきたいなと思います」

 ―藤井竜王に頑張ってほしいという思いなのか、自分が頑張るという思いなのか。

 「藤井竜王は今までの実力を発揮されると思いますから、自分がどのような実力を収められるかによって、トーナメントの結果は変わってくるだろうなと」

 ―藤井竜王は特異なお弟子さんか。

 「将棋界のタイトル5つが弟子に集中しているのもありますので、マークされていると思う。弟子にマークがいっている間に、ひっそりと自分が勝利を収めたいと思っています」

 ―大会に向けての準備は。

 「出来ればフィッシャールール(加算時間以内に指すと残りの時間分持ち時間が増えるルール、今大会の加算時間は5秒)の練習を弟子とたくさんしたい思いがあるが、現実的に忙しい藤井竜王を相手にやるのは難しい。他の弟子や、若手棋士などと特訓をしたい」

 ―昨年のエキシビションは。

 「言い訳をさせていただくなら、準備が不足していた。今回は本番に向けて調整をしていきたい」

 ―藤井竜王と一緒に戦う喜びは。

 「弟子の藤井竜王とひとつの勝利を目指して戦うことができるのは師匠としても非常に冥利に尽きます」

 ―自分が引っ張っていく?

 「藤井竜王は我が一門のエースですから、遠慮せずにバリバリ勝ち進んでほしいなと思いますし、自分はそれを補佐できればなと思っています。今回はフル回転していただこうかなと」

 ―藤井竜王とお酒は?

 「まだですね。うっかりお酒が好きになりすぎても…飲めるけど飲まないってタイプになってほしいんですけど。なんか弱そうなタイプには見えますね。(藤井が初めて飲んだのは)対局の前の日だったと聞いて、勇気あるなと(笑い)」

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×