【オリックス】プロ通算50勝の山本由伸は女房役の若月イジり「マジで打たないとやべえよ」ヒーロー一問一答

スポーツ報知
5回無死、ソロ本塁打を放った若月健矢を迎える山本由伸(左)(カメラ・池内 雅彦)

◆パ・リーグ 西武3―4オリックス(19日・ベルーナドーム)

 オリックス・山本由伸投手が自己最多の135球の3失点完投で今季11勝目を挙げた。西武戦はこれで昨季から7連勝でプロ通算50勝に到達。チームは3位に浮上した。ヒーローインタビューでは、悪送球に併殺の後、自身初の2打席連続アーチを放った若月健矢捕手をイジるなどユニークな一面も見せた。以下は一問一答。

―見事な完投勝利

「ありがとうございます」

―首位のライオンズとの大事な初戦。どんな思い

「やっぱり初戦ということで、絶対に勝たないといけない。いつも以上に気合い入れてマウンドに上がった。それが出せてすごく気持ち良いです」

―135球を投げた

「ヒットをすごくたくさん打たれて先制点も許してしまったんですけど、何とか粘り強く最後までいけたので良かったです」

―リリーフを休ませた

「そうですね。明日も明後日も試合もありますし、シーズン終盤なので、こういったピッチング以上の何か、チームの力になれるのはすごくうれしいです」

―若月が2本のアーチ

「初回の送球ミスと2回のダブルプレーを打っていたので、マジで打たないとやべえよと思いながら見ていました」

―次回に向けて

「今日、来て頂いた皆さん、本当にありがとうございます。首位との3連戦なので全員で絶対に勝ちたいと思います。明日も明後日も応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×