【西武】オリックス山本由伸に7連敗 2位ソフトバンクと1・5差に縮まる

スポーツ報知
投手交代を告げにベンチを出る辻発彦監督(カメラ・池内 雅彦)

◆パ・リーグ 西武3―4オリックス(19日・ベルーナドーム)

 西武が1点差で惜敗。オリックス・山本由伸投手から3得点したが、9回完投勝利を許す結果となった。

 初回に山川の先制打、6回には山川の適時打と呉の併殺打の間に同点に追いついた。先発今井は6回125球3失点で降板。7回、2番手の本田が若月に決勝ソロを浴びた。首位の西武は、昨年から対山本由伸は7連敗。2位ソフトバンクが勝利したため、その差は1・5ゲーム差に縮まり、3位浮上したオリックスとも2・5ゲーム差に縮まった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×