【広島】悔やまれるスクイズ失敗…DeNAの勢いを止められず、4位に再転落

スポーツ報知
広島先発の玉村昇悟 (カメラ・堺 恒志)

◆JERAセ・リーグ DeNA8―3広島(19日・横浜)

 広島が、DeNAの勢いにのまれる形で敗れて再び4位に転落した。

 接戦の中でのミスが痛恨だった。1点ビハインドの6回1死一、三塁。矢野が初球にセーフティースクイズの形でバントを試みるも、ファウル。1ボール1ストライクからの3球目、今度は三塁走者の坂倉がスタートを切ったが、平田の鋭く落ちる変化球に対し、矢野がバントの構えから空振り。坂倉は三本間で挟まれてタッチアウトとなった。

 6回は相手のミスも絡んだチャンスだった。2安打と、代わったばかりの平田が二塁けん制悪送球で1死一、三塁。磯村がバットの先端で捉えた緩い打球が一、二塁間を破る適時打で1点差に詰め寄っていた。

 チャンスをフイにした直後には、2番手・森浦が宮崎にソロを被弾してリードを2点に広げられ、8回にはターリーがソトにダメ押しの3ランを浴びた。

 5月1日の中日戦(バンテリンD)以来の先発となった玉村も4回4失点と、流れをたぐり寄せることができなかった。2回に牧にソロを被弾。3回に打線が坂倉の勝ち越しソロなどで逆転に成功したものの、直後のマウンドで2四球が絡む形で2死満塁のピンチを招き、嶺井の走者一掃二塁打で逆転を許した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×