【中日】大野雄大が2回の悪送球を猛省「プロとして恥ずかしいプレーをしてしまいました」7回3失点で降板

スポーツ報知
2回無死一、三塁、オスナの投ゴロで三塁走者・村上宗隆が挟まれるが大野雄大が三塁へ悪送球(カメラ・豊田 秀一)

◆JERAセ・リーグ 中日―ヤクルト(19日・バンテリンドーム)

 中日・大野雄大投手が2回の悪送球を猛省した。

 2回無死一、三塁。オスナを力ない投ゴロに抑えたが、三塁走者・村上が本塁へ突入。打球を取った大野雄もすぐさま村上を三本間へと挟んだ。

 しかし、左腕が三塁・阿部へ投げたボールが頭上へ抜ける悪送球になり、村上に続いて、一塁走者のサンタナまで生還を許してしまった。

 その後は粘投を続け、7回3失点で降板した大野雄は「プロとして恥ずかしいプレーをしてしまいました。しっかり練習します」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×