【中日】木下拓哉の2点適時打で同点に追いつく 今季満塁では打率1割台も…ここ一番で勝負強さ発揮

スポーツ報知
6回1死満塁、木下拓哉が左翼へ同点の2点適時打を放つ(カメラ・豊田 秀一)

◆JERAセ・リーグ 中日―ヤクルト(19日・バンテリンドーム)

 中日・木下拓哉捕手が2点適時打を放ち、同点に追いついた。2点ビハインドの6回1死満塁。小川の直球を振り抜き、左前へ落とした。木下は「みんなが作ってくれたチャンスでしたので、打つことができて良かった」と喜んだ。

 木下は今季、この打席の前まで、満塁で9打数1安打、打率1割1分1厘と絶好機で苦しんでいたが、ここ一番で勝負強さを発揮し大野雄を助けた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×