【オリックス】若月健矢が汚名返上の3号&4号ソロ「自分のミスから失点」「取り返せたとは言えない」

スポーツ報知
5回無死、3号ソロを放った若月健矢(カメラ・池内 雅彦)

◆パ・リーグ 西武―オリックス(19日・ベルーナドーム)

 オリックス・若月健矢捕手が汚名返上の2打席連続弾を放った。1点リードで迎えた5回、先頭で打席に入ると、今井の低めのカーブを思いきってしばき上げた。ぐんぐん伸びた打球は左中間席にポトリ。さらに同点に追いつかれた直後にも7回無死から右翼席に4号ソロを放り込んだ。

 初回1死二塁の守りでは、振り逃げを狙った森を刺そうと一塁に投げたが、これがまさかの悪送球。一、三塁とピンチを広げ、続く山川に適時打を浴びた。3号ソロを放った直後には「自分のミスから失点してしまいました。まだ取り返せたとは言えない」と広報にコメントを託していたが、完全にミスを取り返した。

 8日に新型コロナウイルス感染が判明し、9日に出場選手登録を抹消。16日に1軍に復帰したばかりで、これが7日の日本ハム戦(京セラD)以来、8試合ぶりのスタメンマスクとなった。優勝争いの佳境の中で、頼れる男が戦列に戻って来た。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×