NHK大河「鎌倉殿の13人」浦島太郎状態の源頼家 玉手箱を開けるのは誰か…第32回見どころ

スポーツ報知
源頼家(金子大地、右)に訴えかける北条義時(小栗旬)

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第32回「災いの種」(21日放送)で、病に伏せていた鎌倉殿・源頼家(金子大地)が奇跡的に回復する。

 生まれつき病弱だった頼家。長い間、意識も戻らなかったことで周囲は勝手に亡くなるものと思い込んだ。生前出家で髪も刈られ、後継者争いも勃発。頼家の弟・千幡(嶺岸煌桜)を担いだ北条家に対し、頼家の長男・一幡(相澤壮太)側についた比企家が激突し、北条家が勝利した。比企一族が排除されたところで頼家が意識を取り戻す。

 完全に浦島太郎状態だ。気が付いたら、頼れる比企能員(佐藤二朗)も愛する息子もいない。そして自分は丸坊主…。目を覚ました頼家に、誰が真実を伝えるのか。どんな反応が返ってくるのか。誰が玉手箱を開けるのかが楽しみで仕方がない。

 前週の第31回「諦めの悪い男」(14日放送)では、比企能員の最期が描かれた。北条時政(坂東彌十郎)率いる北条家と対立し、北条サイドから妥協案を提示されながら断り続けた。ある日、時政に呼ばれ、丸腰で北条邸に出向いたところ、中には鎧(よろい)姿の時政がー。という展開だった。

 先代の鎌倉殿・源頼朝(大泉洋)が最初に挙兵した頃から協力した北条と、当初は様子を見て動かなかった比企。2人の明暗は、先見の明があったかどうかでも説明できる。ただ今作では能員が殺される前に、取り押さえた者が服をはだけさせると中には鎧が着込まれていた。時政は「その思い切りの悪さが、わしらの命運を分けたんじゃ」と言い捨てた。

 脚本の三谷幸喜氏が「原作のつもり」と語る史料「吾妻鏡」では、能員は丸腰だったとある。今作では、能員が妻や家来に「丸腰で行く。肝の据わったところを見せてやる」と宣言したものの、しっかり鎧を着用していた。番組関係者によると、三谷氏の味付けという部分がありそうだ。SNSでは「やっぱり鎧をつけてきてるの最高」「中に鎧を着ている小心者感は、佐藤二朗さんだから納得できる」との声が相次いだ。

 注目すべきは、これまで周囲のバランスを優先するように動いていた義時だ。息子・泰時(坂口健太郎)に「そこまで北条の世を作りたいのですか?」と聞かれると、即座に「当たり前だ!」と言い放った。いかに組織の調和や繁栄を願っていても、目の前に来た敵は倒さないといけない。「弱肉強食」や「出る杭は打たれる」など日本や中国で古くから使われる言葉は、こうやって生まれたんだなと思わされる。

 第31回の平均世帯視聴率は12・1%で、前週より微増。同時間帯ではテレビ朝日系「ポツンと一軒家」の13・5%に次ぐ数字だった。昨年からBSプレミアムで午後6時から放送されていることもあり、率の単純比較はできないものの、バロメーターの一つにはなる。13人いた宿老もいつの間にか“鎌倉殿の8人”に。次の敵は誰になってしまうのか。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×