【広島】先発・野村祐輔が3回4失点KO 得点は西川龍馬の適時二塁打のみ…2連勝でストップ

スポーツ報知
1回1死一、二塁、ビシエド(左)が先制の左越え2点適時二塁打を放ち、打球を見つめる野村祐輔(カメラ・馬場 秀則) 

◆JERAセ・リーグ 広島1―6中日(18日・マツダスタジアム)

 広島の連勝が2で止まった。

 2試合連続完封勝利で迎えたこの日だったが、先発の野村が中日打線に捕まった。

 初回1死一、二塁でビシエドに左翼フェンス直撃の2点二塁打で先制点を献上し、その後2死一、二塁で三ツ俣の適時打で追加点を許した。3回には土田の犠飛で点差は4点差に開いた。

 野村は3回4失点で交代。塹江、コルニエル、島内、フランスアが無失点でつないだが、9回にケムナが2失点を喫した。

 奮起したい打線だったが、4回の西川の適時二塁打で1点を返すのがやっと。9回1死から連打でつないだが、坂倉、会沢が左飛に倒れ試合終了となった。

 

野球

×