【星一筆】神様だって怒る

スポーツ報知
6回無死一塁、楠本の飛球を坂本(左)とポランコが捕れず、ピンチを広げる(カメラ・中島 傑)

 仙ペンが書いてたとおり、祭りのクライマックスだった準々決勝。地方大会を勝ち抜き、全国8強まで来たチーム同士なんだから「ジャイアントキリング」「大金星」は下関国際に失礼なのかもしれないが、何しろ相手は春夏連覇を狙う横綱だ。粘りに粘って土俵際でうっちゃった逆転勝利。おみごとでした。

 その劇的な第3試合。高校野球面の記事にもあるように、7回の三重殺が試合の流れを変えた。目には見えないし、結果論で語られることも多いが、確かに勝負ごとには流れがある。

 野球の場合、捕れそうにない打球をアウトにしたり、今回の三重殺みたいに超レアなプレーで流れが変わることもあれば、エラーや暴投といったミスが呼び水になるケースもある。

 同じく大熱戦だった第2試合では、近江が2点リードの7回1死一、二塁で高松商の大砲・浅野を申告敬遠。満塁にするリスクを背負ってでも、優位に進めてきた試合の流れを守ろうとしたが、結果は残念ながら後続に連打を浴びて逆転された。

 ただ、野球の神様は実に気まぐれで、流れというのはコロコロと変わりがち(甲子園という繊細な舞台ではなおさら)。流れを失ったかに見えた近江はその裏、今度は高松商のエラー(というにはかわいそうな浅野の返球だったけど)にもつけこんで2点を奪い、再逆転に成功した。

 気まぐれな野球の神様はハマスタにも現れた。前夜に続く逆転負けで3タテを食らった巨人。ただ、神様のお怒りを買って流れを手放したのも確かだ。6回にはポランコと坂本の譲り合いでピンチを招き、宮崎への申告敬遠も裏目に出て追いつかれた。8回に戸郷が浴びた決勝アーチだって、表の攻撃で伊勢に3連続K。三重殺まではいかなくても、相手に傾いていた流れを決定的にするには十分なやられ方だった。

 ヤクルトが負けた。結果的に球団記録の本拠地14連勝で沸くベイの背中を押し、V争いの灯を消さなかったと割り切るしかない。でも、繰り返すが神様は気まぐれで、ベイには過密日程という敵も立ちふさがる。もう一度、ペナントレースの流れが来ることだってある(あくまで2位争いかもしれないけど)。週末は死のロードにあえぐ阪神戦。しっかり叩いて立て直そう。

伝統の一戦全試合ダゾーンで配信中!

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請