森泉、祖母の森英恵さんをしのぶ「ママ森、たくさんの楽しい思い出と貴重な体験をありがとう」

スポーツ報知
森泉のインスタグラム(@izumi.mori)より

 日本を代表するファッションデザイナーの森英恵(もり・はなえ)さんが11日、老衰のため亡くなった。96歳だった。葬儀は近親者で執り行った。モデルでタレントの森泉、森星(ひかり)は孫。

 森泉は18日、自身のインスタグラムを更新し、「ママ森、たくさんの楽しい思い出と貴重な体験をありがとう Thank you for all the amazing memories and experience…R.I.P」と追悼の思いをコメント。英恵さんとの思い出の写真を連続で投稿した。

 森さんは、1926年1月8日に島根県で生まれ、東京女子大を卒業。48年に勤労動員の工場で知り合った森賢さんと結婚。賢さんの実家の繊維会社で働きながら洋裁を学び、51年に都内に洋裁店を開いた。

 同店が評判を呼び、54年には銀座にブティック&サロン「ハナエ・モリ」をオープンするまでに。56年の石原裕次郎さん主演「太陽の季節」など多くの日本映画の衣装を手がけ、60年代からは世界へ進出した。

 蝶をモチーフにしたエレガントなデザインで「マダムバタフライ」とも称され、モナコ王妃グレース・ケリーさんら数多くのセレブに愛された。77年には、ファッション業界において最も権威といわれるフランス・オートクチュール協会の会員にアジア人として初めて承認され、世界的な名声を得た。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×