【巨人】赤星優志、井上温大の失点に桑田コーチ「今後の彼らの成長につなげていってほしいと思う」

スポーツ報知
6回1死一塁、ソトに勝ち越しの左越え2ランを浴びる赤星優志(カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ DeNA7―3巨人(17日・横浜)

 巨人はメルセデスが6勝目を目指して先発。3回に3点の援護をもらい、4回まで無安打に抑える好投を見せていたが、5回に4安打とスクイズで同点に追いつかれこの回で降板。6回に2番手・赤星がソトに勝ち越し2ランを打たれた。さらに、3番手の井上は7回は三者凡退に抑えたが、8回1死一塁から宮崎に左翼スタンドに運ばれ2点を追加された。

 赤星、井上について桑田投手チーフコーチは「彼らは1軍では1年目なので、経験不足というかまだまだ。彼らにとってはいい勉強になったと思います。悔しい1球になったと思う」と振り返った。

 赤星については「外国人の特徴、初球またはバッティングカウントでは強引に振ってくるという特徴をもう少し理解して投げていけば、もうちょっとアウトを取りやすくなると思います」。井上についても「今日も同じストレートを打たれて、やはり1軍のいい打者は少しでも甘いと簡単にヒットされるんだと学んだと思います」とそれぞれ振り返り、「悔しい失点だったんですけど、今後の彼らの成長につなげていってほしいと思う」と成長を期待した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請