【西武】平井克典が4回途中で降板「相手の作戦で自分のリズムが崩れてテンポが悪くなってしまいました」

スポーツ報知
初回に3点を失った西武先発の平井克典(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ 西武―ソフトバンク(17日・ベルーナドーム)

 西武・平井克典投手が3回3分の2で降板した。初回、変化球が甘くなったところを狙われて4安打を許して3失点。「体の状態は悪くなかったのですが、勝負球がすべてです。打たれた球はコースが甘く、高くなってしまいました」と悔しげに振り返った。

 4回には2四死球に相手の足を使った攻めに揺さぶられると、自らの野選もからんで2点を失い降板した。「相手の作戦で自分のリズムが崩れてテンポが悪くなってしまいました。全体的に初回の失点の悪いリズムをズルズル引きずってしまいました」と反省した。

 先発した試合で3回3分の2での降板は今季最短。「今日の登板を反省して、次回はやり返す強い気持ちでマウンドに上がりたいと思います」と次戦へ視線を向けていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×