中村歌昇の息子2人が9月に初舞台 長男・種太郎の将来の夢は「ニュースキャスター」

スポーツ報知
歌舞伎座9月公演「秀山祭九月大歌舞伎」に出演することになり会見した(左から)中村秀乃介、中村歌昇、中村種太郎

 歌舞伎俳優・中村歌昇(33)と長男・中村種太郎(6)、次男・中村秀乃介(3)が17日、都内で歌舞伎座公演「秀山祭九月大歌舞伎」(4~27日)の取材会を行った。

 種太郎(本名・小川綜馬)、秀乃介(同・悠真)は第1部「寺子屋」で初舞台。それぞれ菅秀才、小太郎役を演じる。種太郎が「舞台に立つのは好き。将来はニュースキャスターに」と夢を語れば、秀乃介は「妖怪が好き。一番好きなのは海坊主」とかわいらしい受け答え。

 9月は昨年11月に亡くなった中村吉右衛門さん(享年77)の一周忌追善公演。歌昇は第2部「揚羽蝶繍姿(あげはちょうつづれのおもかげ)」で白井権八、源義経を演じる。吉右衛門さんと同じ播磨屋だけに「総力あげて播磨屋としてやっていかなければ。息子の初舞台も気にかけてくださっていた。腹(肚)で芝居を。そこからにじみ出るものを大事にすることを特に教わった。これ以上話すと泣いてしまいます」と思い出は尽きない様子だった。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×