JOC山下泰裕会長、高橋元理事らの逮捕を受け「真実であれば極めて残念」

スポーツ報知

 東京五輪・パラリンピックを巡り、受託収賄の疑いで組織委員会元理事の高橋治之容疑者が逮捕されたことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が17日、取材に応じた。「報道以上のことは全く知らないが、真実であれば極めて残念であると思っています。東京2020大会の関係でこういう出来事があったのは残念ですね。多くのスポーツ関係者がそう思っていると思います」。

 2030年冬季五輪の札幌招致活動については「影響ができるだけ出ないように、関係者で力を合わせて全力を尽くしていくしかないと思います。もし仮に招致が成功したら、東京2020の良かったところ、うまくいかなかったところ、レガシーを全て教訓にして生かしていかなければいけないと思っています」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×