二宮和也、主演映画を振り返り「雪をどかす作業をギリギリまでやりたくなくて」

スポーツ報知
「ラーゲリより愛を込めて」の完成披露会見に登壇した(左から)平野隆プロデューサー、桐谷健太、松坂桃李、二宮和也、北川景子、中島健人、安田顕、瀬々敬久監督

 嵐の二宮和也が17日、都内で行われた主演映画「ラーゲリより愛を込めて」(12月9日公開、瀬々敬久監督)の完成報告会見に出席。共演の北川景子、松坂桃李、Sexy Zoneの中島健人、桐谷健太、安田顕らと登壇した。

 60万人超の日本人が抑留されたシベリアの強制収容所で貧しい食事や重労働など劣悪な環境下でも、生きる希望を捨てなかった2等兵・山本幡男さんの半生をつづったストーリー。

 収容所でのシーンについて、二宮は「しんどかったのは、野球のシーンの前日に大雪になるという予報で。朝は撮影前に雪をどかす作業から始まって。僕はそれをやりたくなくて、部屋の端っこでいないフリをしていました」と明かすと、桐谷は「俺と健人はやっていたよ」と言い、中島も「皆が『ニノ先輩どこかな』って探していました」と突っ込まれ、「隠れていました。気持ち作ってました」と頭を下げた。

 その一方で、人生で初めて丸刈りにしたという中島は「二宮くんのお芝居すべてに感銘受けていて。監督や二宮くんに負けないと、待ち時間にロケジャンを着るの止めていたんですけど。目の前の二宮くんに、『もう寒いんでロケジャン着てください』って言ったら、『後輩がこんな寒がっているのに、俺は絶対着ることはない』って。裏でもめちゃめちゃ映画スターでした」と明かし、二宮は「素っ裸の人に『服着てください』って言われて、着られます?」と笑わせていた。

 最後に、二宮は「この映画はつらくて悲しくて苦しくて寂しい目を背けたくなるシーンがたくさんあると思うんですけど、その中の笑顔や涙、人間に大事なものを教えてくれる何かがあると思います」と締めくくった。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×