【中日】“明大対決”は立ち上がりに明暗 柳裕也が2回4失点と乱調 森下暢仁は3回まで無失点と快調

スポーツ報知
5回無死、堂林翔太(左)に左翼へ本塁打を打たれ、柳裕也はマウンドでガックリ(カメラ・馬場 秀則)

◆JERAセ・リーグ 広島―中日(16日・マツダ)

 “明大対決”は序盤で明暗が分かれた。明大出身右腕の好投手対決だが、中日・柳裕也投手が不安定な立ち上がりとなった。初回先頭・堂林に初球先頭打者アーチを浴びると、2回には会沢の適時二塁打、8番・矢野に2ランを献上し大量失点の滑り出しとなった。

 一方、広島の先発・森下暢仁は、毎回安打を浴び走者を背負うも、ピンチではしっかりギアを上げ3回まで無失点と上々の立ち上がりを見せている。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×