【POG】良血アヘッド 9・4 新潟デビュー決定 中竹調教師「身のこなしが柔らかい」

 父は2011、12年の欧州年度代表馬フランケルで母は函館2歳S、キーンランドCを制したブランボヌール。厩舎期待の良血アヘッド(牝2歳、栗東・中竹和也厩舎、父フランケル)が、9月4日の新潟(芝1400メートル)でデビューすることが決まった。

 同馬は現在、坂路で乗り込みを続けているが、中竹調教師は「身のこなしが柔らかくて、すごくいい動きをします。この父の産駒ですが、すごくおとなしいですし、母よりも体はしっかりしていて460~470キロくらいありますよ」と上々の感触。父母から受け継いだスピードを初戦から存分に発揮するか。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×