【中日】立浪和義監督、九州学院・村上慶太に熱視線「甲子園も極力テレビで見る。楽しみ」

立浪和義監督
立浪和義監督

 中日・立浪和義監督(52)が15日、今秋ドラフト候補に夏の甲子園に出場中の九州学院・村上慶太内野手(3年)、鶴岡東・土屋奏人捕手(3年)を挙げ、熱視線を送っていることを明かした。

 指揮官はマツダ室内での指名練習で「(甲子園も)極力テレビで見る。2本打った鶴岡東の捕手、村上の弟も楽しみ」と言及。特にヤクルト・村上を兄に持つ左の大砲には、スケールの大きさと長打力不足のチーム状況にもマッチするとあって強い関心を示している。

 土屋は今大会10打数4安打。うち3本塁打と長打力も備え、地方大会打率も5割超えと潜在能力は高い。さらに、1年生ながら甲子園初アーチをかけた二松学舎大付・片井海斗内野手(1年)の名も挙げた指揮官は、既にスカウト登録を済ませており、関東で行われるアマの試合は直々に視察する可能性も示唆した。(長尾 隆広)

九州学院・村上慶太
九州学院・村上慶太

立浪和義監督
九州学院・村上慶太
すべての写真を見る 2枚

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×