ジャイアンツカップ史上初の完全試合投手が誕生 プロ野球でも例がない両チームノーヒットの超珍記録も

スポーツ報知
巨人

 巨人は15日、読売巨人軍などが主催する第16回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップにおいて、大会史上初の完全試合が達成されたと発表した。

 S&D昭島スタジアムで行われた1回戦第2試合、世田谷西リトルシニアと東京城南ボーイズ戦。世田谷西リトルシニアのU―15侍ジャパン代表・渡辺颯人投手が7イニング完全試合を達成した。

 世田谷西は3回、低めの変化球を捕手が捕球できず後逸する相手のバッテリーミスの間に得点し、1―0で勝利した。

 なお、先攻だった相手の東京城南ボーイズも、渡辺と同じくU―15侍ジャパン代表の佐藤龍月投手ら投手陣が世田谷西打線を6イニング無安打に抑えた。

 両チームノーヒット試合はプロ野球公式戦で1度もない超珍記録。プロ野球史上両チーム合計安打数の最少記録は2安打で、両チーム計1安打という試合も一度もない。この日の世田谷西リトルシニアと東京城南ボーイズは、極めて珍しい白熱の投手戦だった。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年