きょう決勝!脇本が完全Vへ絶好調…西武園G1オールスター競輪最終日

スポーツ報知
16連勝中の脇本は2度目の大会制覇へ王手

◆第65回オールスター競輪・G1ナイター 最終日(15日、埼玉・西武園)

 決勝は最終日の15日、優勝賞金5368万円(副賞含む)と「KEIRINグランプリ2022」(12月30日・平塚競輪場)の出場権をかけて、準決勝を勝ち上がった9選手によって最終11R(20時30分)で争われる。

 脇本雄太は存分にパワーを見せつけて今開催無傷の4戦4勝。5月FI福井・準決勝から16連勝中と絶好調だ。同県の後輩・寺崎に前を任せ、3番手に古性が続く鉄壁ラインの番手から、2度目の大会Vを果たすとみた。松浦と吉沢が単騎の2分戦。4車結束の北日本勢の先頭を任された新山も果敢に仕掛けそうだが、寺崎が主導権は決して譲らない。絶好の展開で勝負どころを迎える脇本が、番手発進も視野に抜け出す。古性との直線勝負で9⇔1が本線。

 【11R・決勝】1古性優作、2松浦悠士、3守沢太志、4小松崎大地、5吉沢純平、6寺崎浩平、7成田和也、8新山響平、9脇本雄太

 展開 691 2 8437 5

ギャンブル

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×