G大阪、降格圏脱出失敗で17位 クラブ幹部は片野坂知宏監督の交代否定

スポーツ報知
G大阪・片野坂知宏監督

 G大阪はJ1残留を争う清水に0―2と敗れ、J2降格圏の17位となった。0―0の後半28分に先制されると、同41分にもミスから2点目を奪われて万事休す。6戦勝ちなしで、2012年以来、2度目のJ2降格も現実味を帯びてきた。

 トンネルの出口が見えない。残留争いのライバルの清水にホームで完敗した。試合後、記者会見に臨んだG大阪・片野坂知宏監督は、必死に下を向くまいと前を見据えた。「この結果は私を含めて、自分たちが招いたこと。これを変えることはできない。切り替えて、次のアウェー広島戦も厳しいものになると思いますけど、勝つゲームができるようにやっていくしかない」と言葉を絞り出した。

 今夏補強した元日本代表FW鈴木武蔵、MFアラーノをベンチスタートとし「後半ギアを上げて相手を押し返したい」(片野坂監督)との狙いで臨んだ。前半はFW食野や18歳FW坂本が起点となってチャンスもつくったが、0―0で後半へ。同15分に満を持して鈴木とアラーノを投入し攻勢に出たが、逆にカウンターを受け失点。同41分にもミスから2点目を失った。

 前節6日の福岡戦は相手にコロナ陽性者が多数出たことで延期となり、2週間の準備期間があった。9日には神戸、福岡などで監督経験のある松田浩氏がコーチ就任。補強で選手をそろえ、体制を強化しても結果が出ない。勝てば降格圏脱出だったが、前節から順位を一つ落として17位で残り10試合。試合後の時点でクラブ幹部は片野坂監督の交代を否定。現体制で次節20日の広島戦(Eスタ)を迎える見込みだが、いよいよ後がなくなってきた。(金川 誉)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×