【侍ジャパン】栗山英樹監督、米国視察から帰国 大谷の進化を評価も「なんで昨日打たないのかな(笑い)」

スポーツ報知
米国視察から帰国した侍ジャパンの栗山監督

 侍ジャパンの栗山英樹監督(61)が14日、来年3月のWBCへ向けた米国視察から帰国した。約10日間でメジャー5試合を視察。直接対面した大谷、ダルビッシュ、菊池(ブルージェイズ)、鈴木(カブス)以外にも、筒香(前パイレーツ)、沢村(Rソックス)、加藤(メッツ傘下3A)ら米国内でプレーする全選手にコンタクトを取ったことを明かした。

 各選手の招集については明言を避けたが、WBC出場へ前向きな発言をしている大谷について「なんで(視察した)昨日(26号)打たないのかな(笑い)。いろんなことを乗り越えて高いレベルでやれるようになってきている」と評価。今後は年内を目安にメンバー選考を進める。また、来年2月中旬から宮崎で強化合宿を行うことも発表した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×