J1ジュビロ磐田が伊藤彰監督と鈴木秀人トップチームマネジメント部長を解任、後任は未定

スポーツ報知
磐田・伊藤彰監督

 J1ジュビロ磐田は14日、伊藤彰監督(49)と鈴木秀人トップチームマネジメント部長(47)の契約を双方合意の上、解除したと発表した。後任の監督は未定。

 今季から指揮を任されタクトを振るった伊藤氏は、25試合を終えて5勝7分け13敗の勝ち点22で最下位と低迷。13日の浦和戦では、チームワーストタイの6失点で完敗。6点差での敗戦は、クラブ史上初の不名誉な記録となった。

 伊藤氏はクラブを通じて「この度、ジュビロ磐田の監督を退くことになりました。約半年、良いときも苦しいときもありましたが、常にチームの為に戦う姿勢を貫いてくれた選手、スタッフ、そしてどんなときでも応援・サポートして下さった、ジュビロ磐田ファミリーの方々に深く感謝申し上げます。今シーズン、短い間でしたが積み上げてきた成果を、残り9試合ファミリーの皆様と共に残留という目的に向かい、選手・スタッフと共に闘いたい、そしてファン・サポーターの皆様と喜びを分かち合いたいと思っていましたので、シーズン最後まで一緒に闘うことができなくなったことは無念ではあります。今年のJ1残留、そして来年以降、チームがさらなる高みにいき、強いジュビロ磐田を取り戻す事、その先にシーズンで優勝を争うチームになることを信じております。半年、本当にありがとうございました」とコメントした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×