ジュニア1年目・中田璃士は6位「さらにうまくできるところがたくさんある」元選手の父と五輪目指す

スポーツ報知
ジュニア男子フリーで演技する中田璃士

◆フィギュアスケート ▽げんさんサマーカップ 最終日(14日・滋賀県立アイスアリーナ)

 ジュニア男子のフリーが行われ、20、21年ノービスA連覇の中田璃士(13)=MFアカデミー=は、冒頭で挑んだトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)でミスが出るなどし、113・58点、合計166・59点で6位だった。

 演技を振り返り、「変なミスをしてしまった。自分ではSPより納得いく演技をしたけど、さらにうまくできるところがたくさんあるので、頑張りたいです」と語った。

 母が英国人。元選手の父・誠人さんがコーチを務め、指導を受けながら2030年五輪での金メダル獲得を目指している。今後に向けては「アクセルを必ず決める。(今は)少し右足が痛くて、ループとかできないんですけど、ループもちゃんと試合に入れてうまくまとめられたらいいなと思います」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×