安藤統男氏、阪神・佐藤輝明の後ろに控える5番・陽川尚将は「三振のリスクが高い」

スポーツ報知
4回1死二、三塁、空振り三振に倒れた陽川尚将(捕手は木下拓哉)(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 阪神0―2中日(13日・京セラドーム大阪)

 藤浪はフォームに安定感があり、素晴らしい投球だった。脱力しているから、指のかかりも良く、制球も安定する。6回1死二塁のフォークの暴投は、ピンチで力が入ったのか、引っかけてしまった。さらに岡林のセーフティースクイズも、簡単に成功された。160キロ近い剛球はただでさえバントも難しい。モーションを変えて様子を見たり、けん制球を挟むなど、もう少し警戒すべきだった。

 ただ、敗因は何よりも打線だ。4回無死二、三塁の3者連続三振は、いただけない。佐藤輝の後ろが陽川では三振のリスクが高い。長打には欠けるが、糸原を置くのも一つの手だ。先頭・島田がヒットで出た6回も、糸原に強行させたが、小笠原の状態を考えれば、まずは犠打で得点圏に進めるべきだった。大山、近本、中野を欠くなか、チーム一丸となってつなぐ意識を高めていくしかない。(スポーツ報知評論家・安藤 統男)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×