【楽天】田中将大が6回5失点で両リーグワーストの9敗目 史上初の貯金18→0に石井一久監督は「とにかく勝つことが大事」

スポーツ報知
選手交代を告げた石井一久監督 (カメラ・堺 恒志)

◆パ・リーグ 楽天4―6西武(13日・楽天生命)

 楽天の田中将大投手が13日、西武戦に先発したが6回100球を投げて11安打、5失点でKOされて両リーグワーストの9敗目を喫した。チームは3連敗で、5月10日に最大18あった貯金がついに消滅。最大貯金18から0は、プロ野球史上初の屈辱となった。

 田中将は4回1死から中村、愛斗に連打を許し、栗山には四球で満塁。このピンチでオグレディに右翼へ逆転の2点打を運ばれた。さらに2死一、二塁で外崎に8号3ランを献上。この回、打者10人の猛攻を許して5点を失った。5、6回は無失点も、7回から西口と交代。ベンチから大きな声を出して仲間を応援したが、2点及ばずに敗れた。

 今季1試合5失点以上は自身3度目。6日のソフトバンク戦(ペイペイD)でも同点で迎えた5回の3失点が響いて負けただけに「前回もそうですが、あれだけのビッグイニングを作られてしまうと、チームはそこからの戦いが厳しくなる。前回、今回と続いたのが残念です」と反省し、「結果が全てなので」と責任を一身に背負った。

 本拠で首位・西武に痛恨の2連敗で今季のカード負け越しが決定し、ゲーム差は5に広がった。「5点取られてから向こうに傾いてしまい、苦しい展開だった。貯金がどれだけあるとかないとかは関係ない。とにかく勝つことが大事なので」と石井監督は前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×