【楽天】田中将大は6回5失点で降板し7勝目ならず 1試合5失点以上は今季3度目

スポーツ報知
4回2死一、二塁、外崎修汰に3ラン本塁打を浴びた田中将大 (カメラ・堺 恒志)

◆パ・リーグ 楽天―西武(13日・楽天生命)

 楽天の田中将大投手が13日、西武戦に先発したが6回100球を投げて11安打、5失点で降板。7勝目はならなかった。

 初回、2回と得点圏に走者を背負ったが、無失点でしのいだ。2回に味方打線に1点の援護をもらった直後の3回は外崎、源田、森を抑えて無失点だったが、4回につかまった。

 1死から中村、愛斗に連打を許し、栗山には四球で満塁。このピンチでオグレディに右翼へ逆転の2点打を運ばれた。さらに2死一、二塁で外崎に8号3ランを献上。この回、打者10人の猛攻を許して5点を失った。5、6回は無失点も、7回から西口と交代した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×