【広島】先発・遠藤淳志が4回KO 5連勝ならず5位に再転落

スポーツ報知
1回1死三塁、中田翔に左前適時打を打たれた遠藤淳志(中)(カメラ・清水 武)

◆JERAセ・リーグ 巨人4―1広島(13日・東京ドーム)

 広島が再び5位に転落した。巨人先発・直江にプロ初勝利を献上し、連勝は「4」でストップした。

 前夜に3点差をひっくり返して逆転勝利した打線の勢いはなかった。下半身コンディション不良から復帰後は6戦連続安打で5戦連続打点をマークしていた西川も、得点機で2度凡退するなど4打数ノーヒットで2三振に終わった。9回に坂倉のソロで1点を返すのがやっとだった。

 先発・遠藤は4回4失点で6敗目。初回は守備の乱れから2失点。4回はポランコと大城にそれぞれソロを浴び、1イニング2被弾。6月末の新型コロナ陽性判定からの復帰戦で5回途中5失点だった7日の阪神戦(マツダ)に続き、2試合連続の2被弾で5回持たずという登板となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×