【小倉9R・フェニックス賞】今村聖奈騎手がミカッテヨンデイイで快勝 「自信持って乗りました」

スポーツ報知
ミカッテヨンデイイで特別勝ちし、笑顔で記念撮影に納まる今村聖奈騎手

 8月13日の小倉9R・フェニックス賞(2歳オープン、芝1200メートル=9頭立て)は今村聖奈騎手(18)=栗東・寺島良厩舎=が騎乗したミカッテヨンデイイ(牝2歳、美浦・堀内岳志厩舎、父イスラボニータ)が33秒7の上がり最速の脚を使い快勝。今村騎手は地方交流4勝を含む30勝目をマークし、G1に騎乗できる31勝に王手をかけた。勝ち時計は1分7秒7(良)。

 スタート後はやや行き脚がつかず、位置取りは中団になったが、道中で積極的にポジションを上げ3番手へ。直線は馬場の真ん中から脚を伸ばし抜け出した。デビューからコンビを組み、未勝利だった相棒を3戦目で強気な競馬でオープン勝ちに導いた今村騎手は「馬がすごく良くなったと聞いていたので自信を持って乗りました。相手も強いが、うちの馬もそれに負けないぐらいの能力があると陣営の方とも話をしていた。こうして続けて乗せてもらったなかで、特別を勝つことができてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×