田崎史郎氏、岸田内閣の支持率が発足以来、最低だった理由を解説…「統一教会問題が重くのしかかっている」

スポーツ報知
田崎史郎氏

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏が13日、日本テレビ系「ウェークアップ」(土曜・午前8時)にリモート生出演した。

 番組では、10日に第2次岸田内閣改造内閣が発足したことを報じた。

 その中でNNN・読売新聞の最新の世論調査で岸田内閣の支持率が「支持する」が51パーセントと政権発足以来、最も低い数字となったことを伝えた。「支持しない」は34パーセントだった。

 田崎氏は支持率が低下した理由を「統一教会問題がこの政権に重くのしかかっていて、そこでの信頼回復ができていない結果で、これは政権としても重く受け止めて対応しないといけない」と解説した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請