【ヤクルト】村上宗隆 100打点到達の41号も空砲 今季初7連敗で2位DeNAと6差

スポーツ報知
2回無死、中越え41号ソロ本塁打放った村上宗隆はベンチのナインに迎えられる(カメラ・頓所美代子)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト3―4DeNA(12日・神宮)

 ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が、2試合連発となる41号ソロを放ち、2年連続で100打点に到達した。4番が一発で打線の口火を切るも、あと一歩及ばず、チームは今季ワーストの7連敗。2位・DeNAに6ゲーム差に迫られた。

 0―0の2回先頭。先発・大貫の137キロ、カットボールを振り抜いて、中堅左へ。両リーグ最速での大台到達にも「何とか先に先制点という気持ちで打席に入った」と笑顔はなかった。

 最年少記録を更新する40号を放った翌日に、またもや成長を証明。昨季はチーム117試合目で到達した100打点に、今季はチーム103試合目で到達した。シーズン138打点ペースで、2013年と18年のバレンティンが持つ球団最多記録の131打点も、上回るペースだ。「結果を残していく中での通過点。もっといい成績を残していきたい」と力を込めた主砲を中心に、一丸となって連敗脱出を目指す。(森下 知玲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×