【広島】直近6戦で3度目3回KOの大瀬良大地の次回登板は…佐々岡真司監督「ちょっと考えている」

スポーツ報知
6回、選手交代を告げる佐々岡真司監督(カメラ・清水 武)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―6広島(12日・東京ドーム)

 広島が逆転勝利で連勝を「4」に伸ばし、巨人と入れ替わる形で4位に浮上した。先発・大瀬良大地投手が3回5失点KO。一時は3点ビハインドを背負ったものの、5回にマクブルームの適時二塁打などで1点差に詰め寄り、8回は西川が3打点目となる同点二塁打と小園の決勝犠飛で逆転に成功した。佐々岡真司監督は、西川を中心とした打線と4回以降を無失点でしのいだ5人のリリーフ投手の働きを評価。一方で、大瀬良の次回登板については明言しなかった。以下、試合後の主な一問一答。

―試合全体をどう振り返る

「先発の大瀬良を早めに代えたが、本当に中継ぎ陣がよく踏ん張ってくれた。よくつないでくれたなと思います」

―最後は今季2度目の3連投となった栗林が締めくくった

「マツダで2連投して、何とか今日まで。3連投ありきということで栗林には頼んでいた。こういう形になりましたから、投入するしかないなと思いました」

―西川が下半身コンディション不良から復帰して打線の流れが変わった

「本当いい働きをしてくれてますし、いいつなぎ。また今日から4番に(発熱など体調不良だった)マクブルームが入って、5番・西川という、本当に強力な打線になったと思う。その中でみんなよくつないで点に絡んでくれたなと思う」

―小園は一振りで決勝犠飛

「外野フライでOKというところで、しっかりといい形で打ってくれた」

―3回KOの大瀬良について

「今日は(ボールを)押し出すような感じではあった。その中でも、やっぱり制球が。インコースに投げ切れていない。中に入ってしまうと、それが長打になってしまう」

―次回登板は

「いま、ちょっと考えている。いまバタバタ(考えている)ということろです」

―4連勝で3位・阪神とも0・5ゲーム差

「とにかく我々は一つずつ。明日の試合に集中するだけです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×