【広島】大瀬良大地、またKO…2被弾で3回5失点で6戦連続白星なし 防御率は4・46にまで低下

スポーツ報知
3回1死二塁、丸佳浩に勝ち越し適時打を打たれた大瀬良大地(カメラ・清水 武)

◆JERAセ・リーグ 巨人―広島(12日・東京ドーム)

 広島の大瀬良大地投手が、3回5失点でマウンドを降りた。

 初回に2点の援護をもらいながら、直後のマウンドで丸に同点2ランを被弾。3回には丸の中前適時打で勝ち越しを許すと、続く4番・中田の2ランでさらに2点を追加された。3回を投げ終え、4回の攻撃で代打を送られた。

 エースが不調のどん底にいる。7月1日の巨人戦(マツダ)で7勝目を手にして以降、これで6戦白星なし。その6試合で3回KOはこれで3度目。防御率は4・46にまで低下した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×