和田アキ子、合宿級カレー作りで「手が腱鞘炎」…タマネギ12個・牛肉2.5キロ 4日間かけて煮込む

スポーツ報知
和田アキ子 インスタグラムより@ako50th

 タレントの和田アキ子が12日に更新したインスタグラムで、カレー作りで手が腱鞘炎になったと報告した。

 和田は一升瓶が置かれたキッチンでピースサインをして「なんかカレーがどうしても食べたくて、お店のじゃなくて、昔ながらのじゃがいもが溶けたとろーりカレーを。旦那もマネージャーも食べたいという事で、頑張って玉ねぎ12個、じゃがいも18個、ニンジン6本、牛肉2.5キロ。四日間かけて仕込んで、煮込んで、毎日煮込んで、残念ながら、手が腱鞘炎」と説明。「でも、旦那もマネージャー達も喜んで3杯おかわりするくらい食べてくれて、『アコちゃん食堂』無事終了。(当分、カレーは食べません笑笑)」とつづった。

 コメント欄では「何処かの合宿の生徒並の量ですね」「その量だと業務用の域」「世田谷ベース所さんのTシャツカッコイイ」「豪快だぁ~」などの声が寄せられている。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×