NHK大河「鎌倉殿の13人」妻の名を絶叫して果てた全成に反響続々…北条vs比企決着へ 第31回みどころ

スポーツ報知
鎌倉御所・寝殿にて。比企能員(佐藤二朗、右)とある交渉をする北条時政 (坂東彌十郎)

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第31回「比企能員の乱」(14日放送)で、北条時政(坂東彌十郎)と比企能員(佐藤二朗)が率いる北条家と比企家のライバル争いの決着がつく。

 鎌倉殿・源頼家(金子大地)の後継をめぐって激突する両家。北条政子(小池栄子)の息子で頼家の弟・千幡(嶺岸煌桜)を推す北条に対し、比企は能員の娘が頼家との間にもうけた一幡(相澤壮太)のバックに立ち、発言力を増していく。

 比企家一強の事態に危機感を抱き、バランスを考える大江広元(栗原英雄)や三浦義村(山本耕史)、和田義盛(横田栄司)ら有力御家人たち。社長の弟側につくか、息子サイドにつくか。一族経営する会社だと現代でもありそうな話だ。

 前週の第30回「全成の確率」(7日放送)では能員が本音をぶちまけた。義時に対し「仮の話」とした上で「一幡様が後を継げば、わしは鎌倉殿の外祖父」「京へ上って武士の頂に立つ。そんなことを夢見たわしを愚かと思われるかな」と開き直った。演じる佐藤二朗の挑発的な表情も相まって、悪者のような立ち位置だが、気持ちはもっとも。そもそも脚本・三谷幸喜氏が「原作のつもり」という史書「吾妻鏡」は、幕府をわがものにした北条サイドが編さんしたもの。もし比企家が幕府執権になっていたら、一連の騒動は「北条家の乱」になっていたはずだ。

 悲しい別れもあった。先代鎌倉殿・源頼朝(大泉洋)の弟で、北条実衣(宮澤エマ)の夫でもある阿野全成(新納慎也)が殺された。時政に頼まれて頼家を呪う人形を作り、呪文をむにゃむにゃ。挙句の果てに、証拠隠滅し損ねて流罪になった。今度は流罪先で、能員に頼まれて再び人形を作成。またもや行為がばれて処刑された。兄弟で一番長生きできたとはいえ、権力者からいいように利用され、ミスを連発。実際の全成がドジだったかどうかは「祈祷(きとう)などは行っていたようですが、確かめようがないです」(番組関係者)というものの、イエローカード累積で退場…のような形。特に最期はあまりに強烈なシーンだった。

 呪文を唱えながら斬られ、血の赤色を見ると「(妻の)実衣~!」と叫んだ。直前に全成が実衣に「お前は本当に赤が似合うな」と言ったセリフを伏線のように回収。SNSでも「ショックすぎて本当に立ち上がれなくなってる」「木曜日になっても実衣と全成のこと思い出すと泣けてしまう」と悲しみの声が相次いだ。

 常に物語の中心にはいたとはいえ、今作では武芸に優れていたわけではない設定の全成はフワフワした役柄。大抵、実衣と仲良し夫婦としてセットでの登場が多かった。放送に際して実衣役の宮澤がコメントした「台本を読んだ時点で号泣してしまって」という言葉もファンの涙を誘った。

 第30回の平均世帯視聴率は11・4%で前週より微減。同じ時間帯ではテレビ朝日系「ポツンと一軒家」の13・4%に次ぐ数字で、本紙調べの週間ランキングでは8位に入った。登場人物がなかなか本心を語らず、空気の読み合い、だまし合いが続く今作。家族全体で楽しむよりも、組織に生きるサラリーマンなど特定の層に深く刺さるドラマになっている。見逃し配信・NHKプラスで高い再生回数を記録しているというのもうなずける。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×