脇本雄太がスピードで圧倒か……西武園G1オールスター競輪4日目

スポーツ報知
連勝で勝ち上がり好調の脇本雄太

◆第65回オールスター競輪・G1ナイター 4日日(12日、埼玉・西武園)

 4日目は、準決勝へフリーパスとなる最終11Rの「シャイニングスター賞」がメイン。先行、まくりと2戦続けてパワーの違いを見せつけた脇本雄太の3連勝に期待したが、3人で結束する中四国の番手回りとなった松浦悠士、深谷知広―郡司浩平の南関コンビも侮れない。5~10Rでは準決勝進出を懸けた「二次予選」が行われる。

 【11R・シャイニングスター賞(20時20分)】脇本が中心だ。初戦を逃げ切り、2戦目はまくって快勝。スピードはもちろん、外並走でも踏み負けない力強さが目を見張る。好調だ。新田と浅井が単騎でラインは3つ。先行実績確かな深谷と、3車の太田が叩き合う可能性も。脇本は慌てずタイミングを図った仕掛けで3連勝で勝ち進む。続く古性とのゴール前勝負で7⇔1。

 1古性優作、2郡司浩平、3清水裕友、4深谷知広、5松浦悠士、6新田祐大、7脇本雄太、8太田竜馬、9浅井康太

 展開 71 9 42 6 853

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×