【ロッテ】守護神被弾で4連敗 「明日はカードが変わるので切り替えたい」と井口資仁監督

9回、決勝弾を打たれた益田直也(カメラ・今西 淳)
9回、決勝弾を打たれた益田直也(カメラ・今西 淳)

◆ソフトバンク4―3ロッテ(11日・ZOZOマリン)

 ロッテは同点の9回に、益田直也投手がソフトバンク・今宮に痛恨の決勝ソロを浴びて惜敗。4連敗で借金は6に膨らんだ。

 右肘トミー・ジョン手術から2年ぶりに復帰した先発の種市篤暉投手が3回3失点で降板も、その後は中継ぎ陣が踏んばり、1点ビハインドの5回に中村奨吾内野手の犠飛で同点とした。しかし、9回に投入した守護神が2死無走者からまさかの決勝被弾。試合後、井口資仁監督は「こういう負け方をするとズルズルいってしまいがちだが、明日からカードが変わるので、しっかり切り替えたい」と、最下位・日本ハムと対戦する次カードでの巻き返しを誓った。

 また、復帰戦を白星で飾れなかった種市については「結果は別として、1軍で投げられたのは大きい。次もチャンスはある」と評価。いったん登録抹消の予定も「次に向けてしっかり調整してもらいたい」と、間隔を空けて先発起用する考えだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×